MENU

クンニクマンのクンニマスタープログラムを購入して徹底公開します!

 

 

「クンニ」がウマいと、どんな「良いこと」があるのか、

 

ちょっとだけ考えてみましょう。

 

 

ベッド上のクンニ

 

 

 

クンニクマンのクンニマスタープログラムを買ってみました。

 

 

「クンニマスタープログラム」を購入すると、すぐに「専用サイト」にアクセスできるようになり、
ここで直接視聴したり、ダウンロードしたりすることができます。

 

動画はセクションごとに細かく分割されているため、自分の見たい部分をすばやく探すことができますし、
画質もきれいで大変見やすい教材になっています。

【購入者専用サイト】

 

購入者専用サイト

 

 

【内容の一部】

実演映像1 クンニ実演

 

 

 

私が「クンニクマンのクンニマスタープログラム」を買った理由(わけ)

 

【お願い】
※ここからは、私の個人的な話が少し長くなります。
すぐに「クンニマスタープログラム」の内容を知りたい方は
次のページへお進みください⇒ 次のページ「クンニマスタープログラムの内容と方法」

 

 

突然の質問ですが、あなたはクンニするのが好きですか?

 

「好きに決まってんじゃん」・・・そんな声も聞こえてきそうですが、
実は、私は若いころからずっとクンニが苦手、嫌いだったのです。
でも、「クンニが嫌い」というオトコはかなり少数派のようですね。

 

こちらのアンケート結果を見てください。(ラブ・リサーチ調べ)

 

【男性に質問】クンニは好きですか?

 

上記をパーセンテージで表すとこうなります。

 

好き:86% (135名)
どちらとも言えない:10% (15名)
嫌い:4%(7名)

 

なんと、86%がクンニ好きで、
明確に「嫌い」と答えたのはわずか4%しかいないのです。
そして、私はその少数派の一人であったわけです。
この事実だけを見ると、私はかなりの「変わり者」だったのです。

 

なぜ、クンニが嫌いだったのか?

 

「ノー」

うーん、単純に答えるのは難しいのですが、
自分はかなり潔癖症なタイプで、
少しでも不潔と感じたり好ましくないニオイがしたりすると、
それだけでその女性そのものを不潔だと感じてしまうようなところがありました。

 

女性のアソコそのものも
自分にはあまり「美しいもの」とは思えませんでしたし、
「こんなキレイな子なのに、ココはこんなにグロいのか・・・」と萎えてしまったり。
若いころは、かなり神経質だったんですね。

 

もちろん、クンニ以外の愛撫や、普通に挿入してセックスすることには
全く抵抗がありませんでしたし、むしろ、そっちはかなり「お盛ん」だったと思います(笑)

 

でも、どうしてもクンニだけは積極的になれなかったんです。
もし、クンニをして、イヤなニオイや嫌な味を感じたら、
その女性そのものを嫌いになってしまうんじゃないかという恐怖感がありました。

 

ひょっとすると、自分にとって最初の女性が
モデル並みにきれいな子だったのに「すそわきが」(アソコからワキガのニオイがする)だったのが
大きなトラウマになっていたのかもしれません。

 

でも、今はクンニが大好きです。

 

現在、私は40代の中年男ですが、
妻の他に定期的にセックスする女性がいます。
「彼女」と呼んでいますが、世間的に言えば「不倫相手」です。

 

彼女も人妻ですから「W不倫」の関係です。

 

その彼女とベッドを共にする最初の日、
彼女に「どうして口でしてくれないの?」とストレートに聞かれました。

 

「うーん・・・」と口ごもった私ですが、
「私、好きなんだ。舐めてもらうの・・・」と懇願され(人妻の大胆さですね)
本当に何年振りかに、女性のアソコに舌をはわせてみたのです。
(妻にもクンニをすることはほとんどありませんから)

 

クンニ

「ん?」
まず、見た目。少し小陰唇が大きいものの、形は左右対称で色もキレイ。
人妻なのに「使い込んでる感」がほとんどない。

 

なにより、VIO脱毛で処理したらしく
キレイに毛が整えられて、とても清潔感がありました。

 

ニオイはほとんどないけれど、
かすかに体温で立ち上ってくる柑橘系のような香りは
とても卑猥なのに、潔癖症の私にさえ好ましい印象がありました。

 

「あ、これなら大丈夫かも・・・」

 

気付いたら、私は本当に夢中に、
むしゃぶりつくように彼女のアソコを舐めまわしていたんです。

 

いい歳して、あんなに貪ったのは初めての経験でした。

 

それ以来、クンニに対する一種のトラウマから解放されて
クンニがセックスにとって非常に大切な行為であることにも気づきました。

 

もっとクンニを楽しみたい、もっとクンニで彼女を喜ばせたい・・・

 

これまでの「ノー・クンニ」ライフの無念を取り戻すべく、自分の舌技を極めてみたい。

 

まるでセックスを覚えたての青年のように
ムクムクと向上心と下半身が膨らんで(笑)、
クンニクマンのクンニマスタープログラムを購入するに至ったのです。

 

※長々と私的な話にお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

VIP特典をプレゼントさせていただきます。

 

2本の有料販売中の人気動画教材を含むVIP特典をプレゼントさせていただきます。

 

 

のちほどこのページをゆっくりご覧になりたい方は「お気に入り登録」しておくと便利です。

 

 

教材の詳細をすぐに確認したい方はこちら⇒ クンニクマンのクンニマスタープログラム

 

 

 

クンニクマンのクンニマスタープログラムの概要

 

 

クンニクマン シロウト実演

 

●対象となる方

 

クンニで女性が悶えるほど感じさせたい方
イキにくい女性でもクンニで何度もイカせるようになりたい方
女性を自分のクンニに夢中にさせたい方
クンニのバリエーションを増やしたい方
とにかく、クンニをするのが好きでたまらない方

 

 

●「クンニクマン」プロフィール

 

メディア掲載実績

これまでに20誌以上のメディアに取り上げられてきた
おそらく「世界一」(?)のクンニテクの専門家。
(写真は掲載誌の一部です)

 

メンバー制の「クンニ道場」を主宰し、
これまでに1,000人以上の
弟子たちを輩出してきたといいます。

 

「1000人」というのはあくまで「自称」ですけれど。
実際のところは確認のしようがありませんからね。

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

クンニクマン,クンニ,クンニリングス,マスタープログラム,ネタバレ

 

 

 

●なぜ「クンニ」のテクニックを磨く必要があるのか。

 

セックスのテクニックの教材には様々なものが存在しています。
「指マン・手マン」「クリトリス愛撫」「膣内開発」「ポルチオ開発」「ピストンテクニック」などなど、
実に多彩なマニュアルが出回っていますけれど、
そうした中で、なぜ「クンニ・テクニック」を身につけ、磨く必要があるのか考えてみたいと思います。

 

 

■女性側の事情

 

まず、女性側の「クンニ」事情を考察してみます。
人気女性誌「an-an」の読者アンケート結果を見てください。

 

クンニされるのが「好き」?

 

 

立位クンニ

クンニされるのが「好き」という女性が56%と半数以上。
「好きだが彼がしてくれない」をあわせると60%を超えて、
アソコを舐められるのが好きという女性もそこそこ多いようですね。

 

実際、他の調査でも
「前戯の中でクンニが一番好き」という女性は非常に多かったです。

 

一方で「嫌い」と答えた女性も13%もいるのがちょっと意外でもあります。

 

おそらく「嫌い」という理由の中身は、生理的にイヤという理由だけでなく
「恥ずかしい」とか「ニオイが気になる」とか
「イヤな思いをさせたくない」といった羞恥心や
相手を思いやる気持ちが表れているものと思います。

 

だから「嫌い」といいつつも、求められればそれほど強く抵抗することなく
甘んじて舐められちゃう・・・という感じなのではないでしょうか。

 

ただ、すべての女性がクンニ好きというわけでもないことが分かりましたので
このあたりは注意すべきなのでしょう。

 

逆に、最高のテクニックを身につければ
クンニ嫌いの女性を「クンニされるの大好き」に変貌させられる可能性もあるのでしょう。

 

 

■クンニの気持ちよさは国境を越える?

 

クンニクマンのクンニマスタープログラム【購入済】完全ネタバレレビュー!

話しは少し変わりますが、
日本では女性に対する前戯として当たり前のクンニですが、
調べてみると、世界中のオトコが女性のアソコを
ペロペロしているわけでもなさそうです。

 

実は、世界中で男性が当たり前のようにクンニをするのは
日本、フランス、ドイツぐらいしかないそうです。
(なんとなく、几帳面で職人気質の国民性を感じさせますね)

 

それ以外の国では、ほとんどクンニの習慣はなく、
世界で最もセックス回数が多いギリシアでもクンニは一般的なプレイではなく
どちらかというと「マニアック」「アブノーマル」な行為と
とらえられているようです。

 

だから、外国人女性が日本の男性とセックスすると、
突然のクンニに驚きながらも、その気持ちよさに感動し、
あまりの快感にヤミツキになってしまうケースも多いとか。

 

世界的には「セックスの負け組」のように思われている日本男児ですが、
前戯の気持ちよさに関しては、なかなかの高評価のようです。

 

もし、外国人女性との付き合いがあったり、それを望んでいる方なら
クンニの技を磨いておくことはかなり高評価につながる、といってよさそうです。

 

 

 

■男性側の事情

 

ここまでを冷静に考えると、
当然ながら「クンニは女性が喜ぶもの」です。

 

そもそもセックスにおける前戯は、
どちらかというと男から女性に対する「奉仕」の意味合いが強いものかもしれませんからね。

 

その中でも「性器そのものを口や舌で愛撫する」クンニは
最高のご奉仕といえるかもしれません。

 

しかし、それでもなぜ男はみんなクンニしたがるのか、なぜクンニが好きなのか?
(私は最近までクンニが好きになれなかったわけですが)

 

もう一度、こちらのアンケート結果を見てください。

 

【男性に質問】クンニは好きですか?

 

「ご奉仕」なのに、86%の男性はクンニが好きなんです。

 

ちなみにこのアンケートでは「どうしてクンニが好きなのか」という
理由についても訊ねているのですが、その答えはこうでした。

 

【クンニをするのが好きな理由】

1位:感じている顔が見たいから
2位:興奮するから
3位:楽しいから

 

この3つ。よくよく見てみれば、2位の「興奮するから」も3位の「楽しいから」も、
結局は1位の「感じている顔が見たいから」と同じことを言っているんですよね。

 

開脚クンニ

感じている顔が見られるから「興奮する」し、
感じている顔が見られるから「楽しい」わけですから。

 

つまり、自分の舌先の動きで
体をよじらせながらよがってる女性の姿がたまらなくうれしいんですね。

 

彼女の一番恥ずかしい部分を、
一番いやらしい方法で愛撫してよがらせる・・・

 

オトコの基本的な資質である「S」っ気が満たされる瞬間でしょう。

 

最高のクンニテクを身につけて、彼女に恥ずかしいほどの快感を与える。
そして自分の「S」ごころを満足させられるとあれば
クンニは女性だけでなく、我々オトコにも大きなメリットがあるといえます。

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒ クンニクマンのクンニマスタープログラム

 

 

では、次のページではこのプログラムの内容・方法を公開していきます。

 

当サイトのVIP特典付きのお申し込みは・・・

 

当サイト経由で「クンニクマンのクンニマスタープログラム」をお申込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

クンニ教材 潮吹き教材

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

VIP特典

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

クンニクマン,クンニ,クンニリングス,マスタープログラム,ネタバレ

 

 

快感クンニ

 
更新履歴